HISTORY

昭和39年生まれ/家族、妻・一男一女
特別養護老人ホーム施設長だった平成12年、介護保険制度が導入。施設運営指針や制度の激変に、政治が福祉を形作っているのだと実感、福祉現場から政治を変えたいと政治家を志す。
ケアマネジャーの資格を取得、港区内のお年寄りの尊厳に向き合い、在宅介護にも従事。港区あんしん介護センターを設立運営。港区介護事業者協議会会長、西麻布の特別養護老人ホームベル設立担当役員など歴任。
児童養護施設の運営も20代から携わっている。家庭に恵まれない子供たちの8割は虐待で保護されてきた理由による。大学などで児童養護についての講演多数。
現在も特別養護老人ホーム、家庭に恵まれない子供たちのための児童養護施設・児童グループホームを運営。
2018年8月30日 1世紀の尊厳
02
03
写真をクリックで拡大します。
平成15年の初挑戦では43票差で落選、平成19年より港区議会4期連続当選。第45代港区議会議長。東京都後期高齢広域医療連合議会の議長なども歴任。港区自民党議員団所属。


(現在の役職)
自民党:自民党港区総支部副支部長
05
06
07
写真をクリックで拡大します。
町会副会長、消防団部長、青少年対策委員会理事、法人会理事、ライオンズクラブ会長、少年野球チーム麻布キッズ顧問、港区トライアスロン連合顧問など
09
010
011
写真をクリックで拡大します。
港区に育ち、大学では哲学・大学院では健康学マネジメントを修める

港区立青南小学校(同窓会監事)、港区立三河台中学校(現六本木中学同窓会事務局長)、都立小山台高校(菊桜会幹事)、明治学院大学中退、同志社大学哲学科 卒業、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科修士課程修了(健マネ三田会会長)、自民党政経塾卒塾。

趣味/バンド活動、作詞作曲活動、登山、野球
016
014
【学歴など】「人間の心と身体の本質」に向き合うまで
写真をクリックで拡大します。